アレルギーとは病気でしょうか?
 
アレルギーとは病気でしょうか?
アレルギーとは体の免疫が、
粘膜などに対して免疫がはたらきすぎてしまうことをいいます。
アレルギーが起こると、
鼻水、くしゃみ、かゆみや皮膚の腫れなど不快な症状が出てきます。
アレルギーを引き起こす物質は 
ダニ、ハウスダスト、花粉、食べ物など、さまざまなものが知られています。
どのアレルゲンに反応してアレルギーになるかは、人によってまちまちです
冷えによる血流の低下や血液がドロドロ、
シャンプー、洗剤、化粧品などが由来の化学物質が粘膜に溜まると
粘膜にはアレルゲンが付着して、付着したものがいつまでも残留します
アレルゲンが付着したままになると
今まで無害と思われていた物質に対してカラダが攻撃します
界面活性剤を多く含む食材を食べることで腸管のヒダが千切れます
未消化のタンパク質、分子量が大きめの物質が腸管を通過します
お米や小麦などに対してアレルギーが起こるのも腸管の損傷が考えられます
上記の状態がアレルギー体質です
アレルギーの薬はあまり飲んではいけない
市販の抗ヒスタミン薬など特定の薬の使用でも、膣分泌液が抑制される場合がある。
また、抗コリン性がある薬や交感神経興奮薬は、膣粘膜が乾く効果がある

子宝相談問診票へ移動する