不妊の原因について
 
不妊の原因について

卵巣のトラブル
  卵巣は、子宮の両側にあるそらまめのような形の器官で、
  月経のリズムを作る大切な器官です。
  卵巣から女性ホルモンが分泌され、排卵が起こります
--------------------------------------------------------------------------------

  
  (多嚢胞性卵巣症候群)
  排卵に障害が生じて卵巣内に卵胞が多くたまり、
  月経異常や不妊を生じす病気
→排卵が困難なため生理不順、無排卵、卵胞が成長しすぎて
 男性ホルモンが増加し毛深くなったり、肥満、
 黄体ホルモン不足が足りなくなり起こる、月経過多などが起こる場合がある
--------------------------------------------------------------------------------

 (卵巣機能低下)
 卵巣は脳の視床下部と下垂体による指令で動いています。
 そのため、ストレスで自律神経が乱れると、影響を受けやすい器官の一つとなっています

--------------------------------------------------------------------------------

 卵管閉鎖 卵管周囲癒着 黄体機能不全

--------------------------------------------------------------------------------

排卵や卵子のトラブル
  卵巣機能の低下による排卵障害

--------------------------------------------------------------------------------

  高プロラクチン血症

--------------------------------------------------------------------------------

  生活習慣から低体温や冷え、運動不足などによって
 卵巣に十分な血液が運ばれないため卵巣の働きが不十分になる場合
--------------------------------------------------------------------------------

 無理なダイエットや喫煙、ストレスにより、
 卵巣に指令を与える脳からの伝達に問題がある場合
--------------------------------------------------------------------------------

子宮内膜症や筋腫
--------------------------------------------------------------------------------

ホルモンの低下 異常
  性腺刺激ホルモン分泌障害  甲状腺機能障害 副腎機能障害など

--------------------------------------------------------------------------------

着床のトラブル
 着床障害の原因にはいくつかあります
--------------------------------------------------------------------------------

 子宮内膜の状態が悪い
 子宮内膜には着床のために適した「厚さ」と「弾力性」が必要
--------------------------------------------------------------------------------

 黄体機能の低下
--------------------------------------------------------------------------------

 糖質栄養素の不足

--------------------------------------------------------------------------------

精子のトラブル
 精子の数が少ない  運動性が悪い 奇形が多い  精子がまったくいない

--------------------------------------------------------------------------------

不育症
  抗リン脂質抗体症候群など自己免疫が働く
  習慣性流産 ホルモンの異常など

子宝相談問診票へ移動する